ミュンヘン国立音楽大学教授の
占部先生による公開レッスン


今回は クラシックギターで受講させていただいた



先生は 実はギターがお好きだそうです


誰のなんという曲とか
なんというギタリストが・・・などは
全くわからないけれど

リラックスタイムに流す音楽は
いつもクラシックギターなのよ

 



受講曲は

アストゥリアス と アルハンブラの思い出



ギターで弾く初の大ホールよ



ピアニストの視点からのレッスンは
とても得るものが多かった


一番印象的だったのは

聴衆の期待どおりのフレージングを

でした



表現の高み をめざしなさい 

との言葉をいただきました





先生は中学の先輩です

     
 
このあと霧島音楽祭へ出発される先生


ホールが完成して以来
毎年 この流れで行われる公開レッスン


管弦も受講できます