2017年06月27日

レッスン覚書

今日はアカデミーレッスン

初めて 夜の部2コマを受けた


アストゥリアス
タレガのマズルカ
トローバのノクトゥルノ
わたしは羊歯になりたい

の4曲をレッスンしていただいた中で
特に印象に残ったのは

師匠がわたしのギターで
羊歯のVar.3を弾いてくださった

穏やかな中に
三声の流れがそれぞれはっきりと聞こえたこと

そしてその音色の美しさ!

わたしが自分のギターで
今まで一度も出したことがない音でした

ギターが「こんな音も出るよ 出して」と言ってるょ



そして 
参考にとユーチューブなどで聴いていた
誰のノクターンよりも
情景が浮かぶ本当に美しいノクトゥルノを
聴かせてくださいました


参考にしていた他の方達の演奏は
かなりのテンポでせかされるような
けたたましさがありました

孤独か重い葛藤に苦しむ夜

みたいな



そんな夜(ノクターン)もあるのか


と 勝手に解釈していました





明日から やり直しと練習の仕方の見直しを








帰りは こうじの所に寄り

餃子の王将へ





宗像を過ぎ


3号線から南へ曲がり
田舎道へ

窓全開の22時ドライブ


田植えが終わった夜の香りと

カエルの声


カエルの声をきくと
懐かしい

部活から帰ってきて
夜遅くのテスト勉強

カエルの声を聴きながら

何度も意識が遠のくのでした(_ _).。o○



    家族全員

父も母もみんな元気なころの
何気ない日常を

思い出すのです




















kkk345tera at 00:51│Comments(2)TrackBack(0)ギター 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Tommy   2017年06月27日 09:49
アストゥリアス,タレガのマズルカ,
トローバのノクトゥルノ,わたしは羊歯になりたい

いずれも全く手の届かない曲ばかりで、私から
みると贅沢な悩みに思えます。

田植えが終わった夜の香りとカエルの声は遠い
昔の故郷を思い出します。

何百何千という火垂るの飛び交う田んぼとこちらも
負けずと大合唱を奏でるカエルそんな記憶があります。
2. Posted by puni   2017年06月27日 23:37
tommyさん、風情あふれるコメありがとうございます!

虫やカエルの声を聞いて穏やかな気持ちになるのは日本人だけだそうですね


初夏のカエル、秋の虫。カエルも虫も苦手ですが、姿さえ現してくれなければ鳴き声は最高に好きです

いつまでも、残って欲しい季節の音ですね
(*´∇`*)

コメントする

名前
 
  絵文字