2017年06月15日

レッスン覚書



アストゥリアスの冒頭

聴いてて
方向性がわからない

今日のレッスンでアドヴァイスを受け


家に帰り録音してみると

あっちにふらふらこっちにふらふら

粒もそろっていないし

抑圧された抑揚なのか
ドキドキの心拍数に呼応してなのか
とっても凸凹している


出だし(3小節ほど)は

ただ淡々と静かに
なんの抑揚も波風もなく遠くで小さく

ただシンプルに弾けばいいのに


変に気を使って逆効果で
いらないことしてしまう





おんなじような30年前の出来事 思い出した


大分時代の公開レッスンで

この曲の中のどこが難しい?

有名なピアニストに訊かれ

IMG_4755


ここが一番難しいです


と 


答えた時の

ピアニストとみんなの反応を思い出した    
    
    
    
    
    
    IMG_4750


Amazonから最後の3冊届いた








ろっ骨 復活

こんなに痛いのは初めてだった


ぎっくり ろっ骨 更年期・・・




はぁ~



でも わたしのギター生活は始まったばかり
スタートが遅かった分
これからだと思うようにしています
   


あの芦田愛菜ちゃんが
マンドリン部でクラギを担当だそうです

嬉しい予感がします



kkk345tera at 23:11│Comments(0)TrackBack(0)ギター 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字