5年前 

介護のため
音楽の仕事が
できなくなった

多い時には 夜中に7回
呼び出しベルが鳴り

眠れず朝を迎える



外での音楽の仕事の時には

嫌がる母をディに数時間預けた


自宅レッスンが始まると
不穏になり 倒れて救急車で運ばれること数回

生徒さんに途中で帰ってもらったことが
続いた



わたしの人生の中で
一番 きつい時だった




そのころ

ちょうど・・・ちょうど?

小指を骨折したので

ピアノの看板おろした5年前









5年ぶりのレッスン


なんの違和感も戸惑いもなく

懐かしい場所に戻ったという感じ 




そして

別の楽器をしたことで
自分の教え方に
ちょっとした変化があったのにも
気づいた









良いことも

肩を落とすようながっかりなことも



すべて 
意味があるのかもしれません





日々の出来事も

そう思うようにすれば

前向きに考えられますね





明日はまた

はじめましてのギターの生徒さんです