龍馬伝の中で・・・

涙なしでは聴けない


また、 この方の編集にも心打たれる